故障車査定

故障車が意外にも高く査定されるケース

 

故障車が高く査定されるケース

 

どういう場合でも、故障車は安くしか買取されないと思っている人は多いでしょう。
たしかに同じ車種で故障車と故障車でないものを比べると、
査定額は後者のほうが高くなります。

 

 

 

しかしながら、思ったより高い査定額が提示されるようなことも、
決して珍しい話ではありません。

 

 

 

これは一例ですが、売りに出す車が中古市場で需要が高い場合、
故障の程度によっては高額買取が実現します。

 

高額買取が実現するとき

 

修理して直すことが可能なレベルの故障であれば、
人気車種に関しては高値が付くことがあるのです。

 

 

 

また、必ずしも人気車種でなくとも、意外に高く査定額が提示されることはあります。
どういうことかといいますと、故障部位が少なく、再利用可能なパーツが多いほど、
高値が付きやすいのです。

 

 

 

中古のパーツにも一定の需要があり、買い取る業者が存在しています。
故障車を買い取った業者はこの部品業者にパーツを売却して利益を得る
ことができるため、それが査定額に反映されるというわけです。

 

 

そのほか、日本の車というのは、国内だけでなく海外の需要もあります。
故障車でも直せばまだまだ使えるような状態の車の場合、
買取業者は国外へと輸出し利益を獲得することができます。

 

 

 

壊れているから値段が付かないだろうと思っていても、業者は海外に売り払って
利益が得られるため、思ったより高く査定額が付くような現象が起こるのです。

 

 

 

以上のように、高値で売れることはないだろうと思っていても、場合によっては
高額査定が提示されることがありますので、廃車にせずにまずは売却を
検討する
ことをおすすめします。

 

 

 

>>>動かない故障車も買取OK?