故障車査定

故障車の査定額をなるべくアップさせる方法

 

故障車の査定額をなるべくアップさせる

 

付属品が全て揃っている状態であれば、故障車の査定額が高くなる可能性があります。
スペアの鍵、車検証、整備記録簿、取扱説明書があると、
プラス査定に繋がりやすいでしょう。

 

 

 

なお、売却する故障車のメーター交換を行っている場合、書類に交換した際の
走行距離が書かれておらず、確認印が押されていなければ走行不明車として
取り扱われてしまいます。

 

 

 

これはかなりの査定額ダウンになってしまいますので、
整備記録簿または保証書をチェックしてみてください。

 

 

 

そのほか、故障車の純正部品、社外部品が全て残っている場合にも、
プラス査定になる傾向があります。

 

 

 

需要の高い部品であるほど、高値で引き取ってもらえる可能性があるでしょう。
カスタマイズをする人は純正品を処分せず、残しておくことが大切です。

 

業者との交渉テクニック

 

また、これはテクニックが要る方法ですが、業者と交渉を行うことが査定額が高くなる
可能性があります。やり方は難しくなく、まずは複数の業者に査定依頼をします。

 

 

 

あとは提示された査定額を引き合いに出して、もう少し高くならないかと相談してみる
のです。上手くいけば、最初に提示された査定額より高くしてもらえる可能性
ありますので、試してみる価値はあるでしょう。

 

 

ほかには、これは上級テクニックですが、何が壊れていて何が壊れていないのか
把握しておく
と、査定額アップはしませんがダウンを避けることができます。

 

 

 

無知につけこみあれも壊れているこれも壊れているといって
安く叩かれてしまうことの防止になるからです。

 

 

 

>>>悪徳買取業者にだまされない!故障車買取の注意点について